大阪市立大学 人権問題研究センター

大阪市立大学

シンポジウム開催のおしらせ

日韓の#MeToo運動を通じて性暴力根絶への道を探る

日時: 2019年 3月16日(土) 午後1時開場 [ポスター PDF]
場所: ドーンセンター 5階 特別会議室(アクセス

3月のサロンde人権はお休みですが、ヒューライツ大阪と大阪府立大学・女性学研究センターとの共催事業として、以下のシンポジウムを開催いたします。
*定員80名 (座席に限りがあり、事前申し込みが必要です)

第1部: シンポジウム (13:30〜16:30) 資料代 500円
話題提供:
・鄭 康子 (チョン・カンジャ)
韓国NGO「参与連帯」共同代表、韓国教育省セクハラ性暴力根絶諮問委員長
・林 美子 (はやし よしこ)
「メディアで働く女性ネットワーク」代表、ジャーナリスト
・鄭 叡源 (チョン・イェウォン)
「韓国女性民友会」性暴力相談所 専従スタッフ
コーディネーター: 伊田 久美子 (大阪府立大学教授)

第2部: 意見交流会 (17:00〜19:00) 茶菓代実費 500円
日韓逐次通訳があります。
*手話通訳を希望する場合は3月8日(金)までに連絡をお願いします。

2017年秋、ハリウッド発の #MeToo運動は瞬く間に世界を席巻し、女性たちの告発と行動が社会を大きく変えようとしています。勇気ある告発に連帯の動きが広がる一方、告発者を攻撃し、声を封じ込めようとする激しいバッシングも共通の課題です。シンポジウムでは、韓国の2人のゲストに #MeToo運動が大きくもりあがった経緯と現状、若手活動家の経験と思いをお話しいただきます。また、日本のゲストに現状と当事者の運動や思いをお話しいただきます。「日本では #MeToo運動は広がらない」という言説が見られましたが、実際女性たちは諦めることなく変化を起こし続けています。今回の日韓の女性運動の交流を深める場が、日韓の連携と新たな展望を模索する契機となることを願っています。

共催: 大阪市立大学人権問題研究センター、大阪府立大学女性学研究センター、
アジア・太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪)
問合せ・申込先: ヒューライツ大阪
Eメール: webmail@hurights.or.jp
TEL: 06-6543-7003